Normcore Blog

大人にも子供にもなれない全国のオトナ男子諸君へ。

知ってるようで知らない?「5つの香水の知識」

どうも、長谷川アーマンです。

皆さんは香水つけてますか?「香水が苦手」という方も少なくないかとは思いますが、匂いはその人にとっての個性であり、相手の記憶にも残りやすくなります。

今回はそんな香水の知ってるようで知らない5つの基礎知識を紹介したいと思います。

 

f:id:Arman_Hasegawa:20210418102708j:plain

 

知ってるようで知らない?「5つの香水の知識」

1 香水の種類

香水は、香りの持続時間エタノール濃度によって大きく4つの種類にわけることができます。エタノール濃度が低いほど持続性は低くなりますが、リフレッシュ効果が高まると言われています。

 

パルファン(パルファム)

香りのイメージを忠実に再現していて、他の香水と比べて比較的値段が高いです。男性用は基本的にないと言われています。使い方としては各ポイントに少量のみプッシュすることを勧められています。

濃度:15〜30%

持続時間:5〜12時間

 

オードパルファン(オーデパルファム)

香りの質が高く価格もお手頃なものが多いです。種類も多数あり、香水を本格的に選びたいメンズにはオススメです。使い方としては各ポイントに1プッシュ程度つけるのがオススメです。

濃度:10〜15%

持続時間:5〜12時間

 

オードトワレ

男女兼用のものであったり、男性用の香水はほとんどオードトワレのものが多いです。スッキリとした印象のものが多く、比較的多めにつけても問題ないと言われています。

濃度:5〜10%

持続時間:2〜5時間

 

オーデコロン

香りは上記のものに比べても強くはありませんが、リフレッシュ効果があり手頃な価格で購入できるものが多いです。全身につけることができます。

濃度:1〜5%

持続時間1〜2時間

f:id:Arman_Hasegawa:20210418114338j:plain


 

2 香りの変化

香水の香りは肌につけた瞬間から時間とともに変化していきます。その変化は「香り立ち」と呼ばれ、つけてからの時間によって3段階にわけて変化していきます。

 

トップノート

香水をつけてから5分〜10分前後のアルコールの混じった強い香りです。シトラスなど、軽めな香料が使われる事が多いです。

 

ミドルノー

香水をつけてから30分〜2時間前後ほどの香りです。つけた香水のテーマが最も表現されます。フローラルやフルーティな香料が使われる事が多いです。

 

ラストノート

2時間以降、優しくゆったりと香る、香水の残り香の部分です。香水をつけている人の体臭の混ざり独特の匂いに変わります。ウッド系など残香性の高い香料が使用されます。

 

f:id:Arman_Hasegawa:20210418114826j:plain

3 香水の付け方

基本的な香水の付け方

香水は直接肌につけるのが一般的で、基本的には手首ひじの内側膝の裏側足首、などの脈打つところや、体温の高いところにつけるのが良いと言われています。なぜなら体温の高い部分は香りがやわらかくなるからです。

 

つける時はこすって広げるのではなく、叩くようにするのがベターです。また長時間同じ香りをつけていると自分自身の鼻が麻痺してしまうこともありますがつけすぎないように注意しましょう。(2プッシュぐらいで十分です)

また、ほどよく香らせたい場合は、外出する30分ほど前に香水をつけて、外ではミドルノーで香るようにするのがオススメです。

 

香水をつける際に注意点

①香水をつけた場所を長時間日光にあてない

香水をつけた部分を直射日光に当てすぎてしまうと、シミの原因になってしまいます。

なるべく日光を直接あてないように気をつけましょう。

 

②基本的には直接肌につけて、衣服にはつけない

衣服につけることによって香りが残ってしまったり、衣服の素材によってはシミが残ってしまうことがあります。

 

③香水をつける時は擦るのではなく、叩くようにする

香水をつける際に擦ってしまう人が多いですが、香水の分子を傷つけてしまい、本来の香水の匂いの良さを台無しにしてしまうことがあるので、香水をつけた場合は擦るのではなく叩くようにしましょう。

 

④脇の下や足の裏は避ける

汗で流れてしまうだけでなく、匂いが混ざり香水の香りが台無しになってしまうので脇の下や足の裏は避けましょう。

 

4 香水の使用期限

香水の使用期限は正確にパッケージに記載されてることは少ないですが、薬事法により「3年以上超えて性状や品質が安定している化粧品は使用期限表示がら除外される」と記載されていることから、香水の使用期限は3年が目安とされています。

 

f:id:Arman_Hasegawa:20210418115028j:plain

5 香水に関する基礎単語

香水を購入する際にこれだけは知っておきたい単語を紹介します。

 

コフレ

フランス語で「箱・入れ物」を意味し、香水のギフトボックスのことを「コフレ」といいます。

 

テイスティング

香水を選ぶ前に軽く香って試してみることを「テイスティング」といいます。直接香るのでは専用のムエットを使うのが一般的です。

 

ムエット

香水売り場に置いてある白い細長い紙のことを「ムエット」といいます。軽く振ってアルコールを飛ばしてから試すのが一般的です。

 

まとめ

かの有名なマリリン・モンローは寝るときには「シャネルの5番を着て寝る」と語っていました。これはパジャマなどを着て寝るのではなく、シャネルの香りを着て寝るというとてもオシャレな表現です。

香水はその人の個性になり、自分という人間を印象づけするのに非常に効果的です。

是非、皆さんもこの機会に香水をつけて街に出かけてみましょう。