Normcore Blog

大人にも子供にもなれない全国のオトナ男子諸君へ。

MENU

20代ズボラ男子必見!簡単に「清潔感」を作れる5つの法則

どうも、長谷川アーマンです。

今や女性だけでなく男性も必須要素である「清潔感」。

でも、清潔感って言葉、よく耳にするけど、一体どうやったら清潔感を作ることができるかわからない人、結構多いと思います。

今回はそんな「清潔感」を簡単に作れる5つの法則を紹介したいと思います。

f:id:Arman_Hasegawa:20210424110639j:plain

清潔感ってそもそもなに?

自分はお風呂にしっかり毎日入ってるからもう清潔だよ、と思われてる方、結構多いかもしれませんが、実は清潔感というのはそれだけでは作れません。

清潔感というのは「服、髪型、肌、ニオイ」など、その全てが清潔で相手に好印象を与えることができるかどうか、ということが重視されます。

日常生活だけでなく、ビジネスシーンなどにおいても重要となる要素の1つです。

 

簡単に清潔感を作れる5つの法則

服装はシンプルに

他人から「この人清潔だな」と思われたい場合、シンプルな服装を心がけましょう。よれよれな服を着たり、ごちゃごちゃしている服装では清潔感はなかなかでません。シワのない真っ白なシャツに、ジーンズにスニーカー。少しさみしく聞こえてしまいますが、これぐらいシンプルな方が清潔感はでるものです。

 

髪型を整える

見るからに寝起きです、といったボサボサの髪の毛では相手に不潔な印象を与えてしまいます。スタイリング剤を使ってしっかりと髪を整えましょう。スタイリング剤を使う時もベタベタにしすぎないように、あくまで自然な感じを意識しましょう。

 

爪を切ろう

意外と他人はアナタの手を見ています。爪が伸び切ってしまっている手だと相手に不潔イメージをどうしても持たれてしまうので、爪は必ず定期的に切りましょう。

 

口臭に気をつける
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Hana(@s___hana33)がシェアした投稿

自分ではなかなか気づかない口のニオイ。口臭がキツイとどれだけ外観の清潔感を保てていても台無しになってしまいます。ご飯を食べたあとは歯を磨いたり、マウスウォッシュなどを常備するように心がけましょう。

 

肌をキレイに

肌がキレイなだけで相手からの好感度はグッと上がります。逆に言えばどれだけオシャレでも肌が汚いとマイナスポイントに。かといってものすごくケアしないといけないとなるとお金もかかってしまいますし継続はなかなか難しいと思うので、お風呂上がりに洗顔と化粧水だけは日々のルーティーとして意識してみましょう。

 

まとめ

今回は簡単に「清潔感」を作れる5つの法則について紹介しました。男性はズボラな方が多いので清潔感ってなかなか難しかったりもしますが、逆にこの5つを意識できれば周りと差がつけれるので、是非今日から実践してみましょう。