Normcore Blog

大人にも子供にもなれない全国のオトナ男子諸君へ。

MENU

今更聞けない?モテるオトナ男子必需品「Ray-Ban(レイバン)」3つの種類

どうも、長谷川アーマンです。

これから夏が近づくと街での必須アイテムとなってくるのがサングラス。特にその中でも有名なブランドRay-Ban」。

実際の所、名前は有名でも意外とその種類を知らない人は少なくないはず。

今回はそんなRay-Banの代表的な3つの種類を紹介したいと思います。

f:id:Arman_Hasegawa:20210425165317j:plain

 

そもそもRay-Banとは

Ray-Ban1937年にレンズのメーカーであるポシュロムから発売されたアイウェアで、サングラスと眼鏡を中心としたブランドです。

Ray-Banブランド名の由来「Ray(光を)-Ban(遮る)」という意味からきています。

Ray-Banが生まれたきっかけとしては、1923年アメリカ軍のパイロットが飛行中に太陽の光によって視力を悪くしたことがきっかけだったそうです。

そこからパイロットの眼を守る対策として、サングラスを開発したことが今のRay-Banの起源になっています。

1950年代には一般人にもサングラスは普及し、アメリカ国内におけるファッションとしての地位を確立していきました。

1961年には映画ティファニーで朝食をオードリーヘップバーンが着用したり、1980年代には映画トップガントム・クルーズが着用したことでさらにRay-Banのブランドは世界に知れ渡ることになります。

 

現代もそのブランド力コストパフォーマンスの高さから、Ray-Banは国内外問わず、芸能人スポーツ選手アーティストなど幅広いジャンルの人々から支持されているサングラスブランドになります。

 

Ray-Banの代表的な3つの種類

アビエーター
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

sea(@mosbanoliver)がシェアした投稿

 

ティアドロップ型が特徴的なモデルになります。このモデルはRay-Banのサングラスの中でも一番視野が確保できるという点から、アメリカ軍のパイロット用として正式に採用されているモデルになります。

また、映画トップガントム・クルーズが着用したり、日本ではキムタクが着用しているモデルであることから、全てのオトナ男子にとって憧れのサングラスといっても過言ではない逸品となっています。

 

ウェイファーラー

ウェイファーラー1952年に誕生したセルフレームのサングラスです。アビエーターと違い、サングラスを掛ける人を選ばないそのカジュアルさベーシックなデザインでこれまでも多くの人に愛されてきました。セレブの間でも人気が高く、アメリカの有名な女優・歌手のマドンナも愛用しているモデルになります。

 

クラブマスター

クラブマスター1950年代のスタイルからインスピレーションを受けており、どことなくレトロで洗練された知的な大人の雰囲気を漂わせるデザインになっています。

歌手であるレディー・ガガもこのクラブマスターを愛用しています。

 

まとめ

今回はRay-Banの中でも特に代表的な3つの種類を紹介しました。Ray-Banのサングラスはこれほど有名機能性も優れているにも関わらず、他のサングラスと比較しても手頃な価格で買えるのがとても素晴らしいサングラスになっています。みなさんもぜひ一度着用してその素晴らしさを改めて実感してみてはいかがでしょうか。