Normcore Blog

大人にも子供にもなれない全国のオトナ男子諸君へ。

MENU

人間関係で悩むアナタに教える5つの解決策

どうも、長谷川アーマンです。

大人になればなるほど、普段の生活における悩みって、お金人間関係の悩みになってくるんですよね。特に人間関係の悩みは自分自身でコントロールできない問題が多いからなかなか解決できないことが多くストレスの原因になりがち。

今回はそんな人間関係で悩むアナタに5つの解決策を提案します。

f:id:Arman_Hasegawa:20210426102137j:plain

 

人間関係で悩むアナタに教える5つの解決策

相手に対して期待しすぎない

f:id:Arman_Hasegawa:20210426103931j:plain

生活の中でアナタは自然と相手に期待してしまっていませんか?言わなくてもわかってくれるだろう、さすがにこれぐらいはしてくれてるはず…。こういう期待をしてしまうと、相手が期待通りの動きをしてくれなかった時に裏切られた気分になり、ストレスの原因となります。

相手も人間、自分の思い通りにいかないことのほうが圧倒的に多いです。相手に期待しすぎるのは控えましょう。

 

誰にでも好かれる良い人になろうとしない

f:id:Arman_Hasegawa:20210426104018j:plain

人は誰しもが他人に嫌われたくない生き物です。でも、そればかり意識して誰にでも良い態度ばかりとっていると心が疲弊してしまいます。本当の自分をわかってくれる人がこの世に1人でもいればそれで十分。誰にでも良い顔をするのではなく、程よい距離感を保つことを意識しましょう。

 

自分の力で変えれないことに対して深く悩まない

f:id:Arman_Hasegawa:20210426104116j:plain

相手の好きなもの、癖、行動や言動。こういった自分の力では簡単に変えれないことに対して深く悩むのはやめましょう。相手も人間です。どれだけ自分が強く相手に変わってほしいと思っても、相手が変わる気がなければ変わりません。それよりも自分の考え方を更新することを心がけましょう。

 

人の欠点ばかりに目を向けない

f:id:Arman_Hasegawa:20210426104352j:plain

どうしても人間は良くしてもらったことよりも、相手の悪い部分の方に目が行きがちです。欠点ばかりのように見える人でも、見方によればそれが長所になったり、欠点以上に良いところがあるかもしれません。欠点ばかりに目を向けるのではなく、相手の良いところを探してみましょう。

 

自分とは違う価値観を知る

f:id:Arman_Hasegawa:20210426104449j:plain

人には様々な価値観があります。自分と違う価値観だから間違っているわけでなく、むしろ他人が自分と違う価値観を持っているのは当たり前のことなのです。他人の価値観に無理して共感をする必要はありませんが、こうゆう価値観もあるのだな、と理解することは大切です。

 

まとめ

今回は人間関係で悩むアナタに5つの解決策を提案しました。筆者も常に人間関係で悩んでいますが、きっとその原因になっている対象の人物も、また別の人が原因で悩んでいるはず。どこまでいっても解決することのない人間関係の悩みが少しでもラクになることを願っています。