Normcore Blog

大人にも子供にもなれない全国のオトナ男子諸君へ。

MENU

成功者の常識?習慣化できる人の特徴5選

どうも、長谷川アーマンです。

皆さんは毎日欠かさずに自発的に行っていることはありますか?歯磨きやお風呂に入ることはもちろん習慣化されているかもしれませんが、ブログを書いたり、筋トレをしたり、勉強をしたり…。なかなか自分でやろうと決めたことを習慣化するのは難しいですよね。

今回はそんな習慣化に関して、習慣化できる人の特徴を5つまとめました。

f:id:Arman_Hasegawa:20210504110902j:plain

 習慣化できる人の特徴5選

楽しみながら取り組むことができる

f:id:Arman_Hasegawa:20210504110959j:plain

習慣化する時に大切なのは楽しみながら取り組むことです。楽しいことなら人は続けることができます。例えば筋トレでも筋トレをしている最中はしんどくて辛いかもしれませんが、筋トレを続けていくと徐々に見た目の変化に楽しみを覚えたり、英語学習を続けていたら昨日覚えていなかった単語を使えるようになることに楽しみを感じたりできます。

まずはやってみてから改善を繰り返す

f:id:Arman_Hasegawa:20210504111039j:plain

何か新しいことを始める時に、完璧に取り組もうとせずに、まずは不完全でもいいから取り組むことが大切です。そして取り組んでる最中に改善し、また取り組みましょう。始めから完璧を目指すといつまでも取り組むことができず、また始めたとしても期待値が高すぎるとすぐに挫折してしまう可能性があります。

周りに宣言する

f:id:Arman_Hasegawa:20210504111123j:plain

周囲の人間に宣言することも大切なポイントの一つです。SNSに宣言したり、恋人に宣言することで強制的にやらなければいけない状況を作り出すことができます。ただし適度なプレッシャーを感じるぐらいでないと、やらされ感で取り組んでも楽しくないのでその点には注意しましょう。

しないと気持ち悪くなるぐらい定期的に取り組む

f:id:Arman_Hasegawa:20210504111206j:plain

歯磨きやお風呂に入ったりすることに対して、もしできなかったらアナタはどう感じるでしょうか。きっと、やらなければ気持ち悪いという感情になるはずです。これはアナタが昔からずっと毎日当たり前のように取り組んできたからです。このように、毎日何かをすることが当たり前になるぐらい取り組むことが習慣化の第一歩といえます。

記録をつけて視覚的に分かる状態にする

f:id:Arman_Hasegawa:20210504111249j:plain

記録をつけることはとても大切です。何もわからずに毎日取り組んでいても、今自分が始めた時に比べてどれぐらい成長したかわからないとモチベーション低下に繋がってしまいます。勉強や筋トレなど、記録をつけて自分が視覚的にわかるようにしましょう。

まとめ

今回は習慣化できる人の特徴5選を紹介しました。みなさんも参考にして、是非取り組んでみてください。