Normcore Blog

大人にも子供にもなれない全国のオトナ男子諸君へ。

MENU

大人になったからこそ勉強をするべき7つの理由

どうも、長谷川アーマンです。

突然ですが、皆さんは勉強をするのは好きですか?筆者は学生時代とにかく勉強をするのが嫌いで、小学3年生ぐらいから算数の授業についていけなくなり、高校3年生までずっとまともに勉強をせずに過ごしていました。

そこから周りが大学受験を本格的に意識するようになり、焦りを覚えて勉強をするようになったのですが、大人になった今、改めて勉強をする大切さが身にしみてわかるようになりました。

とは言っても現実問題、社会人になると、忙しくてなかなか時間が取れずに勉強ができないという方は多いかと思います。

実際に総務省が行った平成28年社会生活基本調査のデータによると、社会人の平均勉強時間はなんと驚異の6分間!カップラーメンを2つ作ってる間の時間しかほとんどの人は勉強していないという驚きの結果となっています。

 

しかし、だからこそ、大人が勉強するのには大きな意味があると言えるのです。

 

今回はそんな大人になったからこそ勉強をするべき7つの理由について紹介したいと思います。

f:id:Arman_Hasegawa:20210509120235j:plain

 大人になったからこそ勉強をするべき7つの理由

勉強を習慣化することで日々の生活が充実する

f:id:Arman_Hasegawa:20210509120318j:plain

毎日、朝起きて、満員電車に揺られ、職場に着き仕事をして、帰宅して、Youtubeでゲーム実況を見て、寝る…。そんな日々も決して悪くはないですが、目標を決めて勉強をすることで、その目標に向かって努力する習慣をつければ、日々の生活が確実に以前よりも充実するはずです。勉強によってついた知識は無駄にならないですし、本業の仕事に活かすことができればさらに充実するでしょう。

意外にもモテるようになる

f:id:Arman_Hasegawa:20210509120356j:plain

学生時代は、ガリ勉で勉強ができるタイプよりも、スポーツができたり、少しヤンチャな性格のほうがモテたかもしれませんが、社会人ではまったくの逆。仕事ができて教養のある人のほうがモテます。計算を必要とする仕事であれば数学の知識、海外の方と商談するのであれば英語の能力、また仕事全体でも論理的思考など、必ず勉強することは必要になっていきます。勉強をしておらず、知識がない人がモテるでしょうか…。最初は不純な理由でもいいのです。勉強をしましょう。

周りと差をつけることができる

f:id:Arman_Hasegawa:20210509120435j:plain

冒頭でも述べたように、ほとんどの社会人は勉強をしていません。その状況で、1日たった1時間でも勉強をしたらどうなるでしょうか?年間で365時間、まったく勉強していない人との差が生まれます。例えば国家試験でもある宅建士試験合格に必要な勉強時間はだいたい300時間ほどと言われています。1年前はまったく何も知識のなかった二人が、1人は1年後には宅建士に、もう1人はそのまま。このように勉強をすることで差をつけることができるのです。

自分の成長を実感できる

f:id:Arman_Hasegawa:20210509120509j:plain

勉強を続けていれば、昨日までの自分は知らなかった知識を身に着けていくことができます。その知識をどう使うかも大切ですが、自分が成長していると実感できるのもとても大切なポイントの一つです。自分の成長が実感できれば、自信にも繋がるので、さらに勉強や仕事に精が出て、好循環の正のスパイラルを生み出すことができます。

人生において選択肢を増やすことができる

f:id:Arman_Hasegawa:20210509120611j:plain

勉強をして資格などを取得すれば、人生において選択肢を増やすこともできます。例えば異業種に転職をしたい時、その業種において必要な資格を所有していれば、転職も有利に進めることができますし、宅建の資格などは、宅建業法によって事務所の5人に1人は宅建士を雇わないといけないという法律があるので、もし万が一現職を辞めたとしても、このような資格を勉強して所有していれば、選択肢の幅を増やすことができるのです。

仕事の昇給に影響する

f:id:Arman_Hasegawa:20210509120659j:plain

会社によっては特定の資格を所有していれば、資格手当が貰える会社もあります。例えば月々5000円の資格手当ときくと一見大きな額には感じないかもしれませんが、1年で6万円。一泊二日の旅行に行ったり、ちょっと高級なディナーだって食べれますよね。勉強して身につけた知識を娯楽に使うことができるのは素晴らしいことです。

学ぶことは楽しいこと

f:id:Arman_Hasegawa:20210509120754j:plain

そしてなによりも大切なのが、学ぶことは楽しいこと、ということです。筆者も高校3年生まで本当に勉強嫌いで勉強してこなかったですが、勉強をするようになって、自分の知らなかったことがわかるというのはこんなに楽しいことなのかと気付かされました。仕事に役に立つ資格の勉強や、英語学習などももちろん大切ですが、学ぶことそのものの楽しさを味わうことができるのが、一番勉強するべき大きな理由かと思います。

まとめ

今回は大人になったからこそ勉強をするべき7つの理由を紹介しました。なかなか忙しくて勉強する時間が取れないアナタも、うまくスキマ時間や寝る前のスマホを眺めている時間を使って、勉強してみてはいかかでしょうか。 

www.normcore-blog.com

また過去記事にて「勉強のモチベーションを上げる7つの秘訣」を紹介しているので、よかったらこちらもご覧いただければと思います。