Normcore Blog

大人にも子供にもなれない全国のオトナ男子諸君へ。

MENU

物欲に負けそうになったら思い出してほしい5つの対策

どうも、長谷川アーマンです。

皆さんはついつい衝動買いをしてしまうことってありますか?ブランド品などに限らずに、コンビニのお菓子だったり、格安セールをしていたり、なんとなくその場の勢いで買ってしまったり。でもそんな商品って結構後から「どうしてこれを買ってしまったんだろう」って後悔しませんか?

今回はそんな物欲に負けてしまいつい衝動買いしてしまいそうになった時に、少しでも気持ちを抑えるための5つの対策を紹介したいと思います。

f:id:Arman_Hasegawa:20210510225743j:plain

物欲に負けそうになったら思い出してほしい5つの対策

 自分の顔は変わらないのだと言い聞かせる

f:id:Arman_Hasegawa:20210510225929j:plain

オシャレな服をみつけたり、モデルがかっこよく着こなしていたりすると、ついつい自分も着用してみた時を想像してネット上で衝動買いしてしまい、実際に手元に届いた服を着てみたら想像と違った、という経験はないでしょうか?これがこの世界の不変の事実であり、もちろんオシャレになること努力次第でできますが、まずは自分自身を磨かない限り、どんな服を着てもしっくりはこないのです。自分の顔が変わることはないのだと言い聞かせましょう。

来年の今頃も使っているかを自分に問いかける

f:id:Arman_Hasegawa:20210510230023j:plain

とにかく欲しい!と思っても、まずは検討するべきなのですが、そんな時は来年の今頃も自分はこの服やカバンを使っているか想像してみましょう。なんとなく、今買っても一度着て満足して終わりそうな気がするのであれば、その商品を購入するのは一旦検討するべきかもしれません。

浪費なのか、投資、なのかを考える

f:id:Arman_Hasegawa:20210510230059j:plain

もちろん、全てのものを買ってはいけないわけではありません。自分が動かせるお金の範囲で商品を買うことは悪いわけではないですが、ただ、それがストレス解消や、気分で購入しているだけなら浪費になりますし、将来のためや、生活向上のために購入するのなら投資として捉えることができます。自分にとって本当に必要なものかどうかをしっかり見極めましょう。

悩むのなら買わないようにする

f:id:Arman_Hasegawa:20210510230140j:plain

悩む、という時点で自分にとって本当に心から必要なものではないはずです。例えば砂漠の中で水を全く飲まずに歩き続けていて、水買いますか?と言われたら即決で買うはずです。なぜならそれはアナタにとって本当に必要なモノだからです。悩むのは買い物の醍醐味ではありますが、悩むぐらいなら買うのはやめておいたほうが無難かもしれません。

欲しい物は後回しにする

f:id:Arman_Hasegawa:20210510230233j:plain

本当に必要ではないけれど欲しい物、は後回しにしてみることをおすすめします。そうすることで本当にほしいかどうかを検討する時間が生まれ、大抵の場合一週間もすればその欲しい物の存在は忘れています。それでもずっと欲しい気持ちが続くのであれば、買うのも選択の一つです。

まとめ

今回は物欲に負けそうになったら思い出してほしい5つの対策について紹介しました。是非、衝動買いしそうになってしまった時は、この5つの対策を思い出してみてくださいね。