Normcore Blog

大人にも子供にもなれない全国のオトナ男子諸君へ。

MENU

100万円を貯金する環境を作り上げる5つの方法を伝授します

どうも、長谷川アーマンです。

皆さん、貯金ってしてますか?独身の方なら収入のほとんどを使い切ってしまってる方も多いかもしれませんし、家庭をお持ちの方でもコロナの影響でなかなか生活するので精一杯の方もいらっしゃるかもしれません。

ここで一つ、20代の平均貯金額をご存知でしょうか?20代の平均貯金額は113万円だそうです。

これを多いと思う方もいれば、もっと貯金できてるという方もいるかもしれませんが、貯金をする上で一つの目標ともなる100万円という数字。

今回はそんな100万円を貯金するための環境を作り上げる5つの方法を伝授したいと思います。

f:id:Arman_Hasegawa:20210513221414j:plain

100万円を貯金する環境を作り上げる5つの方法

先取り貯金をする

f:id:Arman_Hasegawa:20210513221611j:plain

貯金ができない人の一番の特徴は、入ってきたお金を全て使い切ってしまうことです。25万円収入が月にあれば、25万円を全て使ってしまい、給料日前は財布がしんどくなってしまうような人ですね。そんな人は給料日に収入を得たら、簡単にお金を引き出すことのできない口座にすぐにお金を先取り貯金してしまいましょう。強制的に天引きされるような仕組みを作ってしまうのも一つの手かもしれません。

先取り貯金をすることで、すでにお金を別口座にうつしてしまっているので、貯金で引かれたお金の範囲で生活するようになりますし、自然とお金が貯まっていきます。

投資信託でお金を育てることを心がける

f:id:Arman_Hasegawa:20210513221629j:plain

ただ貯金するだけでなく、こちらも給料日に天引きされる仕組みを使ってつみたてNISAやidecoといった投資信託でお金を運用するのもオススメです。お金を運用することで長期的な目で見ればお金を増やすことができる可能性もありますし、こちらも強制的にお金を天引きすることで嫌でもお金が貯まっていきます。

お弁当と水筒を持参するようにする

f:id:Arman_Hasegawa:20210513221713j:plain

毎日の昼ごはん代も、積み重なれば大きなお金になります。毎日1000円のランチを食べていれば、月に22日出勤していると考えれば2万2000円。年間で20万円以上の支出になります。またコンビニでついつい150円のペットボトルを買う習慣があるのなら、今日から水筒を持参するようにしましょう。一つ一つは小さな支出に感じるかもしれませんが、積み重なれば本当に大きな差になってきます。

服を固定化する

f:id:Arman_Hasegawa:20210513221754j:plain

男性の方はスーツを着ることが多いかもしれませんが、女性の方は毎日の服を固定化するのも一つの手です。特にクローゼットに服が溢れていると、毎日服を選択する時間ももったいないですし、自分が思ってる以上に、自分がどんな服を着ているかを周りは気にかけていません。服を固定化することで、新しい服を買うお金を節約できますし、良いこと尽くしです。

格安SIMを使う

f:id:Arman_Hasegawa:20210513221834j:plain

携帯代に10000円以上支払っている人は、一度この機会に携帯キャリアを見直してみるのも一つの手です。筆者は1年以上格安SIMを使っていますが、毎月の携帯代は3000円ほどで収まっています。携帯をフル活用している人であれば別ですが、ほとんどの人は動画を見たり、SNSをチェックしたりするだけのために携帯を持っているかと思います。そんな携帯に年間で10万円以上払うのはもったいなすぎます。携帯代を見直して、その分を貯金にまわしましょう。

まとめ

今回は100万円を貯金する環境を作り上げる5つの方法を紹介しました。結局、貯金の最短ルートは収入を増やすことよりも、支出を減らすことがポイントです。みなさんも今日から心がけてみましょう。