Normcore Blog

大人にも子供にもなれない全国のオトナ男子諸君へ。

MENU

一度きりの人生を充実させる7つの方法

どうも、長谷川アーマンです。

皆さんは人生、充実していますか?昨年からコロナウィルスのせいでなかなか思い通りにいかない日々を過ごしていたり、改めて自分の人生をこの機会に見つめ直している人もいるかと思いますが、人生は一度きり。この文章を読んでいる間にも時間は刻々と流れています。

今回はそんなアナタのために、一度きりの人生を充実させる7つの方法を紹介したいと思います。

f:id:Arman_Hasegawa:20210516161306j:plain

 一度きりの人生を充実させる7つの方法

とりあえずなんでもやってみる

f:id:Arman_Hasegawa:20210516161349j:plain

なにか新しいことを始める時に、どうしても大人になればなるほど、色々余計なことを考えてしまって始めれなかったりするものですが、たった一回の人生、今しなければ、もうこの先いつできるかわかりません。自分が挑戦したいことや、やってみたいこと、まずは小さな所から始めてみましょう。それで自分にとって違うな、と思ったらやめてしまえばいいですし、自分にとって熱中するものだったら、追求していきましょう。

やりたいことリストを50個作ってみる

f:id:Arman_Hasegawa:20210516161440j:plain

よく様々な方のブログを読んでいると「やりたいことリスト100」を書いている人を見かけます。さすがにいきなり100個もやりたいことを思いつく人はなかなかいないかもしれないので、まずは50個ぐらいから作成してみるのがおすすめです。世界一周する!なんて大きな事じゃなくても「人気店のパンを食べる」などといった小さなやりたいことで全然かまいません。やりたいことを達成した後は、チェックをつけていけば、自分がやりたいことを達成していっているのが目に見えてわかるので、どんどん人生が充実していきます。

失敗は恐れないようにする

f:id:Arman_Hasegawa:20210516161537j:plain

誰もが失敗するのは怖いものです。でも失敗というのは実は多くの人が思ってる以上にポジティブなもの。大切なのは失敗した後の行動です。失敗を失敗として終わらせてしまうとそこで成長は止まってしまいますが、なぜ失敗したかを研究し、改善したら、失敗する前の自分よりも、より良い自分に変化することができるのです。意図的に失敗するのはあまり良いことではありませんが、行動した結果失敗してしまったのなら、ポジティブに受け止めて、これからの人生に活かしましょう。

過去は振り返らずに今を生きる

f:id:Arman_Hasegawa:20210516161618j:plain

どれだけ後悔しても、反省しても、過去に戻ることはできません。恋愛でも仕事でも友人関係でも、きっと誰もが一度は過去に戻れたら、と思ったことはあるはず。でも、アナタが生きているのは間違いなく今、この瞬間であり、未来に向かっているのです。過去は振り返らずに、今を一生懸命生きることが、人生を充実させる最善策とも言えるでしょう。

軽く旅にでてみる

f:id:Arman_Hasegawa:20210516161657j:plain

コロナ禍でなかなか気軽に旅行に行くことが難しい世の中になってしまっていますが、決して海外旅行に行ったり、新幹線や飛行機を使って遠くに行くことだけが旅ではありません。自転車で普段行ったことのない隣の街まで行ってみたり、普段降りたことのない駅で降りて散歩してみる、これらも立派な旅の一つです。見たことのない景色を見ることによって人生に新鮮味を与えることができ、そこからまた新たな出会いや発見が生まれるかもしれません。

様々なジャンルの本を読む

f:id:Arman_Hasegawa:20210516161739j:plain

本を読むことで、自分1人では気づかなかったアイデアを得ることができます。それは、小説でも自己啓発本でも、ビジネス書籍でも、エッセイでも。どんなジャンルの本でも新たな気付きが必ず生まれるはずです。様々なジャンルの本を読んでみましょう。

適度にサボる日を作る

f:id:Arman_Hasegawa:20210516161822j:plain

毎日努力をすることも素晴らしいことですが、息抜きをすることもとても大切なことです。長いようで短い人生、たまには思いっきりサボって昼からビールを飲んだり、半身浴をしたり、映画を見たり、ダラダラ過ごすのも、長い目で見た時に人生を充実させる一つのポイントです。

まとめ

今回は一度きりの人生を充実させる7つの方法を紹介しました。この記事を参考に、皆さんの人生が充実することを願っています。