Normcore Blog

大人にも子供にもなれない全国のオトナ男子諸君へ。

MENU

先延ばしする癖を今日から辞める5つの方法

どうも、長谷川アーマンです。

皆さん、ついついやらないといけないことを後回しにしてしまう癖がありませんか?仕事でも勉強でも、掃除や洗濯でも、本当は今日中にやらないといけないとわかっているにも関わらず、めんどくさいという感情に負けてしまい、そのまま就寝。結構そんな人は多いはずです。

今回はそんなついつい先延ばしにしてしまう人に、先延ばしする癖を今日から辞める5つの方法を紹介したいと思います。

f:id:Arman_Hasegawa:20210517204712j:plain

 先延ばしする癖を今日から辞める5つの方法

自分の集中できる時間を把握する

f:id:Arman_Hasegawa:20210517204801j:plain

人によって集中できる時間に差はあります。1時間集中できる人もいれば、15分しか集中できない人もいるはずです。アナタが集中できる時間を把握して、その時間だけ集中して取り組んでみましょう。例えば30分しか集中できない人なら、30分だけ集中して取り組めば良いのです。その代わり10分休憩したらまた30分集中して取り組んでみましょう。無理して長時間取り組んで集中できないのなら、集中できる時間に一気に取り組んでしまうのがポイントです。

やることを細かく分けて取り組む

f:id:Arman_Hasegawa:20210517204856j:plain

先程の話に繋がりますが、一気に全てを終わらせてしまおうとするのではなく、やることを1日の中で細かく分けて取り組むのもおすすめです。例えば、資格の勉強をするにしても、1日1時間取り組むとなると、仕事もして、家に帰って、ご飯を食べて、シャワーを浴びて、そこから1時間勉強するとなると、めんどくさくなってしまい結局先延ばしにしてしまいそうですが、行きの通勤時間、昼休憩、帰りの電車の中、家に帰ってからの時間を15分ごとにわけてやってみたらどうでしょう。同じ1時間ですが、1回15分と考えたらできそうではないでしょうか。

めんどくさいならまずは5分だけやる

f:id:Arman_Hasegawa:20210517205046j:plain

めんどくさくなってしまったらまずは5分だけ取り掛かってしまいましょう。特にオススメの方法は、自分のテンションの上がるだいたい5分前後で終わる曲を聴きながら「この曲が終わるまでとりあえずやる」と決めて取り掛かることです。そうすると、最初は曲が終わるまでと思って始めても、曲が終わる頃には集中し、どうせなら終わるまではやるか、という気持ちになり、そのまま取り掛かることができるのです。

今日できなかったことは明日の朝一番にやる

f:id:Arman_Hasegawa:20210517205145j:plain

今日どうしても取り組むことができなかったことは、明日の朝一番に取り組みましょう。1日の始まりである朝にしなければいけないことを終わらせていたら、その日1日良い気分で過ごすことができるメリットもあります。

今日やらないといけないことをToDoリスト化する

今日やらないといけないことは必ず目で見てわかるようにToDoリスト化しましょう。そうすることでやらなければいけないことが明確になり、効率的に取り組むことができるのです。また実行したリストに対してチェックをつければ、自分が今日一日どれだけできたかと達成感を味わうこともできます。

まとめ

今回は先延ばしする癖を今日から辞める5つの方法を紹介しました。とにかく大切なのは、何事もはじめの一歩を踏み出すこと。はじめの一歩さえ踏み出してしまえば、めんどくさいという感情から解き放たれることができるのです。後回しにせずに、この記事を読んだアナタはささっと終わらせてしまいましょう。